公開履歴
髪を心配する男性

髪にハリやコシが無くなり、セットしてもすぐにボリュームが無くなってしまう、地肌が透けて見える程、頭皮が薄くなったように感じたら、薄毛予防で早めに対策を行いましょう。
「まだ大丈夫」とそのまま放置していると、どんどん薄毛が進行してしまうケースもあります。
進行した状態から改善するには、時間もお金もかかってしまうのです。
ですので、「髪が薄くなってきたかな?」・「何となく髪が細くなった」と感じる様になったら、薄毛予防する事がお勧めです。
手軽な薄毛予防としては、育毛剤でのケアが有効です。
育毛剤を使う事で頭皮の環境を整え、健康で丈夫な髪を育てる基礎を作れます。
育毛剤には血行を改善するタイプや、毛根に栄養を与えるタイプなど色々な種類がありますが、ただ、育毛剤だったら何でも良いという訳ではありません。
育毛剤には「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」と、ジャンルが分かれている記載がある事を、ご存知でしょうか。
まず、化粧品ですが化粧品と書かれている商品は、薬では無いので「髪が生える」などの表記は、全くされていません。
医薬部外品は化粧品よりは、効能がある事が認められている商品につけられます。
医薬品はというと、厚生労働省が薬として認可し、確実に効果を発揮する商品です。
医薬品育毛剤のミノキシジルなどスキンクリニックでも、薄毛治療に用いられる成分が含まれています。
頭皮を育毛剤でケアし薄毛予防をするのであれば、より発毛効果が期待できる最新の医薬品を使う方が、より効率的と言えるでしょう。
医薬品と書かれている育毛剤を使う事で、薄毛を予防する以外にも、今現在髪が抜けやすく困っているという悩みの解消も期待できます。